しゅふ探

主婦の見たい!知りたい!定番から流行りの話題までいろいろ共有したいことを綴っています!!

我が家の観葉植物たち

       f:id:syufutantei:20180208154531j:plain

 

 

こんにちは、マウです。

 

皆さんのお家には観葉植物って置いてらっしゃいますか?

 

私は動物も大好きですが、Greenたちも大好きなんです。

要は生き物全般好きなんです。(虫は少々苦手ですが・・・^_^;) 

 

www.syufutantei.com

 

生き物たちが日常のストレスを解消してくれて、私の癒しなんです。

植物は動物たちと違って、あまり大きな愛情表現はしてくれません。

 

でも、お水や肥料をあげたり、声をかけながら葉っぱを拭いてあげたり、

日光に当ててあげたりすると、 それに応えてくれているかのように

グリーンが生き生きと濃くなったり、ピーンッと姿勢(!?)が

正しくなったり、新芽を次々と出してくれたりします。

 

「えぇーーー!ひとりで声かけながら葉っぱ拭いてるん?

 あぶない人~~(゜o゜)」って、思われましたか?

いえいえ、これって実はめっちゃ大事。

 

「鉢植えやビニールハウスで栽培されている野菜・果物にクラッシクを

聴かせています。」とか「鶏舎にBGMを流しています。」なんて

耳にされたことないですか?

 

結果的に「キレイな花が咲いた。」「甘みのある大きな野菜ができた。」

「ジューシーで糖度の高い美味しいフルーツになった。」「大きくて

黄身が濃いタマゴを産んでくれた。」など、テレビで紹介されているのを

観たことがあります。

 

音楽を聴かせるのと同じで優しい言葉で話しかけて触ってあげると、

すくすく・生き生きと育つと私は実感していますが、、、(思い込み?!)

 

植物学者で甲南大学の特別客員教授・名誉教授の田中 修先生が

昨年のNHKラジオ第一放送:夏休み限定のラジオ番組『夏休みこども

科学電話相談』で小学生の女の子に「植物にいい言葉をかけると、

キレイな花を咲かせるんですか?」と、質問された時の答えが納得。

 

田中 修先生 → 「どこで知ったのかな?」

 

小学生の女の子 → 「お母さんから聞いた。」

 

田中 修先生 → 「植物に汚い言葉をかけても普通に育つよ。

         植物は触られると、茎が太く、短く、たくましく育つ

         性質がある。

 

         だから、良い言葉で良く育ったと言い張る

         人は、良い言葉をかけながら触っていたのではないかな。

 

         菊は実験しやすいから、やってみて。苗を2つ買って、

         1つは “ 普通に育てる ” 、もう1つは “ ヒドイ言葉を

         かけつつ撫でて育てる ” 。

         撫でられた方がたくましく育つから。」

 

と、回答されています。

そっか!言葉の問題より優しく触ってあげてるのが良かったのか!!

んん~ ♪ 納得 (^^♪ 確かに人でもスキンシップが大事ですもんね。

 

 

我が家の観葉植物たち ↓

 

 ヒメモンステラ          サンセベリア

               

f:id:syufutantei:20180208201509j:plain       f:id:syufutantei:20180208201558j:plain 

 

   テーブルヤシ       ミリオンバンブー

f:id:syufutantei:20180208201705j:plain   f:id:syufutantei:20180208201759j:plain 

 

   オリヅルラン

 

f:id:syufutantei:20180208201902j:plain

 

 

みんなのびのびと生き生きと育ってくれています。

 

ヒメモンステラなんて、もはや “ ヒメ ” とは呼べないくらい大きくたくましく

育ちすぎ!と、いつもツッコミを入れつつ、葉っぱを拭いてあげています。

サンセベリアも次から次へと、どんどん新芽が出てきます。

 

言葉は関係ないと言われてはいますが、私はきっとこれからも

声がけをしながら、お手入れを続けていくと思いますwww

なんてったって我が家の癒し的存在なんですから。

 

 

スポンサーリンク