しゅふ探

主婦の見たい!知りたい!定番から流行りの話題までいろいろ共有したいことを綴っています!!

口臭ケアしてますか?

       f:id:syufutantei:20180403150442j:plain

 

こんにちは、マウです。

 

4月に入り、早いもので2週目ですね。

 

学生さんも新入社員さんも転職組さんも、そして新たにママ友さんのお仲間入りを

したママさんも、いろんな人たちがそれぞれ新生活をスタート!

慣れるまで少ししんどい時期ですが、みんなが通る道です。

 

一人じゃないですよ、しんどい時は素直に「しんどい!」って家族や友だちに

グチって “ 気持ちの空気抜き ” をして、また頑張ればいいんです。

みーーーんな、そうやって乗り越えてるんですから。

頑張り過ぎず、頑張りましょう!(どっちやねん!!www)

 

さて、そうやって新しい環境におかれると緊張してお口の中・喉がカラカラに

渇いてしまいますよね。

緊張する → 唾液が減る → 口中が乾燥する → 口臭が気になる という、

負のスパイラルに陥るわけです。

 

口の中の乾燥が口臭の大きな要因のひとつではありますが、もちろんそれだけでは

ありません。ほかにどんな原因があるのか、見ていきましょう。

 

口臭の原因たち

 歯周病

1972年に「リンゴをかじると血が出ませんか?」という、歯槽膿漏を予防する

デンターライオン(歯磨き粉)のCMがあったのを、覚えている方も多いかと

思いますが・・・歯周病というのは歯槽膿漏だけではありません。

 

歯と歯茎の間の『歯周ポケット』に食べカスや細菌が入って、歯肉炎・歯周炎

などの炎症が起きてしまうのも歯周病です。健康な歯茎の人はこの歯周ポケッ

トが深さ1~2㎜くらいですが、深さ3㎜以上になると歯や歯茎の状態が悪く

なり、プラーク歯垢)・細菌・膿などが溜まり口臭がヒドくなってしまうと

いうわけです。

 

 

 虫歯

虫歯菌が繁殖して虫歯になると、そこに食べカスが詰まりやすくなります、

そして更に進行して虫歯の穴が大きくなれば、よけいに食べ物が詰まりやすく

なってしまいます。

 

そこからだんだん虫歯が悪化すると “ 歯髄 ” という歯の内部を満たしている

柔らかい組織にある歯の神経が死んで腐敗してしまうんです。神経が死んで

しまうと、痛みを感じなくなります。静か~に虫歯菌は歯の根の部分で増殖

し続けて、根の先から細菌や膿・毒素が排出されるため口臭に繋がるんです。

 

 

 舌苔(ぜったい)

人の舌の表面には約10,000個の小さな突起物、味蕾(みらい)という食べ物の

味を感じる器官があります。その舌の表面の隙間に食べカスや細菌・剥がれた

粘膜などが付着し、白い舌苔ができてしまいます。口の中の細菌が食べカス・

剥がれた粘膜に含まれているタンパク質を分解することにより、揮発性硫黄化

合物という口臭を生み出してしまいます。

 

揮発性硫黄化合物って? ⇒ ▲ 硫化水素:タマゴが腐ったようなニオイ

              ▲ メチルメルカプタン:野菜が腐ったような

                          ニオイ

              ▲ ジメチルサルファド:ゴミのような

                          ニオイ 

             などが混ざり合って特有の臭気が発生すること。

 

 

 膿栓(のうせん)=臭い玉(においだま)

医学用語では膿栓(のうせん)、別名においだまって聞いたことありますか?

“ においだま ” ?!、、、何だかイヤなネーミングですよね。あまり知っている

人って少ないんじゃないでしょうか。実は喉の奥にある扁桃の周りの穴にでき

る、黄色がかった白色の塊(膿栓)です。

 

咳をしたり、クシャミをしたり、鼻をかむといった行為で口の中からフッと

出てくることがあるそうです。この塊(膿栓)は別に病気とか危険なものでも

なんでもなく食べ物のかけらや細菌、細胞・白血球の死骸・膿汁などが固まっ

たものなんです。この膿栓がドブ臭のような、刺激臭のような強烈な(塊を潰

すと特に)ニオイを放つんです。

 

 

 歯垢・歯石

プラークコントロール!」ってよくCMでもうたっていますが、プラーク

歯垢は歯の表面に付着している粘着性のある、食べカスや歯みがきの際の

みがき残しなど細菌の塊です。

 

歯垢を放置していると、歯垢が唾液中のミネラルと結合して硬い歯石になって

しまいます。そして、歯石を放っておくと、口内環境が悪化して歯周病

発症・進行に繋がり、口臭の原因になります。

 

 

 唾液の減少

唾液って口内環境を整えるのに、とっても大事なものなんです。口の中を洗い

流す・細菌の増殖抑制・粘膜の保護など、大切な役割があるんです。唾液の分

泌が少なくなることで不潔になったり、虫歯・歯周病にかかりやすくなった

り、乾燥して口臭が強くなったりします。

 

 

 人口歯のプラスチック部分

義歯や入れ歯・インプラントなどは使用しているプラスチック部分や歯と歯茎

の間に隙間ができるため、食べ物カスが溜まりやすかったり、歯磨きのみがき

残しによって歯垢がつきやすくなります。

 

 

 耳鼻咽喉科の病気

副鼻腔炎蓄膿症)・慢性鼻炎・咽頭炎扁桃腺炎・喉頭炎といった炎症が

起こると、タンパク質を含んだ血液や膿が鼻から口に流れ出てきて、口臭の

原因になります。更に進行して、副鼻腔ガン・咽頭膿瘍・咽頭ガンになって

しまうと『壊疽(えそ)臭』という肉が腐ったような独特なニオイになるん

です。

 

 

 口腔ガン(舌ガン・頬粘膜ガン・口底ガン・歯肉ガンなど)

ガンになってしまうと人が本来持っている『解毒機能』が低下するため、毒素

を分解することができず、口臭となって現れるそうです。

 

 

 呼吸器系・消化器系やその他の病気

逆流性食道炎

胃炎

胃潰瘍

胃ガン

十二指腸潰瘍

肺ガン

肝炎

肝硬変

腎臓病

糖尿病 などでもさまざまな口臭が発生します。

例えば、逆流性食道炎 ⇒ 酸っぱ臭いツンとした刺激臭

    胃炎 ⇒ タマゴが腐ったような発酵臭    

    胃ガン・肺ガン ⇒ 肉の腐敗臭

    肝炎・肝硬変 ⇒ アンモニア

    腎臓病 ⇒ 魚の腐敗臭

    糖尿病 ⇒ リンゴが腐ったようなニオイ です。

 

 

上に挙げたほかにも

食べ物・嗜好品によるもの(ニンニク・ネギ・アルコール・タバコなど)・

ストレスによるもの・ホルモンバランスによるもの(女性)などもあります。

 

あとコーヒーに含まれているカフェインには利尿作用があり、体内の水分が

減って唾液の分泌が減少し、口臭をまねくこともあります。

 

では、次に口臭の予防・対処法を見ていきましょう。

 

 

口臭の予防と対処法

  水分補給

 

ドライマウスになると細菌が増殖するので、口の中や喉を潤すことが大切です。

1日約1~1.5リットルくらいのお水をこまめに摂取し、口の中が乾燥しないように。

 

  虫歯を放置しない

 

虫歯でできた穴に食べ物が詰まり菌が繁殖・発酵して口臭の元になったり、歯の神経が

死んで腐敗臭を発したりします。そして、歯の神経が死ぬと痛みを感じなくなるので

気付かぬうちに細菌が増殖し、歯根が化膿して膿が溜まってしまい口臭が発生します。

 

  唾液を出す

 

こちらも口の中を乾燥させないように唾液を意識的によく出すよう、口の中に刺激を

与えて唾液分泌を促進する歯磨きやうがいをしたり、ガムを噛んだり、マッサージを

したり(両頬を上下に指で数回こする)、人と会話をたくさんして口を動かす、硬い

ものをひと口30回目安に噛む(よく噛まない早食いは唾液分泌量が減少します。)

などを心がけてみてください。

 

  舌磨き

 

舌苔を除去するために、1日1回は必ず舌を磨きましょう。磨くといっても、決

して強くこすらず口の奥から手前にやさしくブラシを動かします。普段使って

いる歯ブラシでもできますが、ソフトな舌ブラシを使う方が舌を傷つけず安心

です。

 

 正しい歯磨き

 

自分ではキレイに磨いているつもりでも、正しく歯磨きできていないとみがき残しで

口臭の原因になります。歯ブラシ選びも大切で、小さめヘッドの柔らかめのブラシが

最適です。小さいヘッドなら狭い部分もブラシがとどきやすく、1本1本丁寧に磨けま

す。決して激しく力を入れて磨かず、歯ブラシは “ エンピツ持ち ” でやさしく磨きま

しょう。歯と歯茎の境目も忘れずに。電動歯ブラシなら無駄な力が入らず、1本ずつ

包み込んでキレイに洗えますよ。

 

  デンタルリンス・歯間ブラシ・フロスを使用

 

デンタルリンスには口中環境を悪化させる原因菌を殺菌する効果があり、歯間ブラシや

フロスは歯ブラシでは取り除きにくい、歯と歯の間のみがき残しを除去してくれる優れ

ものなので、歯磨きの仕上げに使用し口臭の元を残さないようにしましょう。

 

 

  乳酸菌・アルカリ性の食品を摂る

 

口臭の原因となる菌を殺菌し、口の中を清潔に保つ働きが期待できるヨーグルト、

アルカリ性の牛乳・フルーツ(レモンなどの柑橘系・キウイ・パイナップル・パパイ

ヤ)などがおススメです。お茶などに含まれるカテキンも抗酸化作用で効果が期待で

きますが、お茶にもコーヒーと同じくカフェインが入っているので、飲みすぎには

注意が必要です。

 

  香辛料などの刺激物はほどほどに

 

辛いものは胃の粘膜を刺激し、傷つきやすいといわれています。胃の中が傷つ

くということは胃炎・胃潰瘍などにかかるリスクを上げてしまいます。

 

  タバコNG!

 

『タール』は歯・舌・歯垢・歯石に吸着し、いわゆる「ヤニ臭い」独特のニオ

イが口に残ります。『ニコチン』は血流を悪くして唾液の分泌量を低下させ、

口の中が乾燥してしまい細菌の増殖に繋がります。

 

  ストレスを溜め込まない

 

ストレスによって、自律神経が乱れ交感神経が強く働き、唾液の分泌量が減少

してしまいます。唾液の大切な役割、口の中を洗い流す・細菌の増殖抑制・粘

膜の保護などが行えなくなり、口臭を発生させやすくしてしまいます。ストレス

フリーな人なんていないと思います、「ストレスを溜めないように」って言われても

難しいと思いますが、適度に運動をしたり、しっかり睡眠を取ったり、友達や家族と

旅行・趣味を楽しんだりして、なるべくリラックスできる時間を持ちましょう。

 

 

おススメの口臭対策グッズ

 ☆ 薬用 オーラクリスター・ゼロ(株) ソシア

スポンサーリンク

  

 

 

 

☆ デンタオーラルピュア(株) ライジング 

スポンサーリンク

 

 

 

 ☆ パーフェクトペリオラプチャー(同)トータルヘルスケアプロモーション

スポンサーリンク

 

 

 

  ☆ 薬用 リステリン トータルケアジョンソン&ジョンソン

スポンサーリンク

 

 

 ☆ なた豆すっきり柿渋洗口液:三和通商

スポンサーリンク

 

 

☆ クリニカ アドバンテージスポンジフロスミントフレーバー:ライオン (株)

スポンサーリンク

 

 

☆ ガム 歯間ブラシI字型 SSSサイズ超極細タイプ:サンスター 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 まとめ

 

お口のエチケットって、人間関係を築いていくうえでとても大事なポイントだと

思います。気持ちよくコミュニケーションをとるためにも、爽やかな息で接したい

ですよね。

 

新生活を始めた方、緊張したら水分補給!ですよ。

リキまず、頑張りましょ!!

 

本日も読んでいただき、ありがとうございました!