しゅふ探

主婦の見たい!知りたい!定番から流行りの話題までいろいろ共有したいことを綴っています!!

十二支!?

       f:id:syufutantei:20180119203054j:plain

 

こんにちは~マウです。

 

年が明けて、はや5日。

未だお正月気分が抜けない私・・・と、いう訳で

今日は十二支について綴らせてください。

 

皆さんは干支にワンちゃんは入っているのに、

なぜニャンコは入っていないんだろと、

思われたことないですか。

ニャンコ好きな方は特に十二支に加わっていないこと、

残念に思っていませんか?

 

まだ私が小学生だったころ、おばあちゃんに聞いたお話。

この時期になると思い出します。

 

むか~し、むかし、いつもいざこざが絶えない動物たちに

神様はほとほと困っていました。ある年の暮れに神様が

動物たちを集めて言いました。

 

「年明けの元日朝、この神社へ新年の挨拶に来なさい。

いちばんに私のもとへ挨拶に来た者から順番に

12番目までを十二支として認めてやる。そして、その後は

順に毎年入れ替わりでそれぞれ1年間の動物たちの

リーダーとしてやる。」と。

 

話を聞いた動物たちはさあ大変!我こそいちばん!と

気合い十分に元旦が来るのを待っていました。

その中でも特に体の小さなネズミはいつも、皆に馬鹿にされていた

ので、ここぞとばかりにいちばん乗りを狙っていました。

 

ところがネズミは悩んでいました。いくら皆より早く出かけても、

この小さい体では神社まで行くのに時間がかかっていちばん乗りに

なれないかもしれない。

さて、どうしよう?

 

そんな大事なお話があった集まりにネコちゃんは参加できて

いませんでした。

十二支を決めるという噂を聞きつけたネコちゃんが

仲良しだったネズミに尋ねました。

「元日の朝に神様のところへ挨拶に行けば、

 十二支になれるんだよね?」

 

ネズミはこう答えました。「元日の朝ではなく、1月2日の

午前0時までに神社に集まった先着12番までが十二支に入れるよ。」

そう、ネズミはネコちゃんに嘘を教えたのです。

 

そして、いよいよ年明け元旦。

 

牛さんは自分が歩くのが遅いので夜のうちから支度をし、

まだ暗いうちに出発することにしました。

それを見ていたずる賢いネズミはポンッと牛さんの背中に飛び乗って、

寛いで楽をしながら神様のもとを目指します。

 

他の動物たちも続々と神様のもとを目指します。

ネコちゃんはというと、ネズミに騙されたことも知らず、、、

翌日1月2日だと信じ、お家で待機していました。

 

そんな頃、牛さんがいちばんに神社へ到着!かと、思いきや!?

背中からパッと飛び降りたネズミが神社の入口で待つ神様のもとへ

行き、いちばん乗りに。

可哀そうに仕方なく牛さんは2番。

 

それから順に虎・兎・龍・蛇・馬・羊・猿・

鶏・犬・猪と、到着しました。

前日の元旦に十二支が決まってしまったにも関わらず、

疑うことを知らないネコちゃんは1月2日に間に合うよう出発に

向けて準備をしだしました。

 

そして1月2日、午前0時に神社へ到着。

もちろんすでに十二支の枠は埋まっていて、

神様からはきついお叱りの言葉が。

そこで初めてネズミに騙されたことを知ったネコちゃん。

 

そういう経緯があって、ネコちゃんは十二支に入れなかったんです。

それ以来、仲の良かった関係も悪化し、ネコちゃんは

ネズミを恨んで今でもネズミを見ると

追いかけ回すようになったんですって。

 

そういえば、ネズミ年のおばあちゃんがよく言ってたっけ。

実家にいたペルシャと雑種のハーフで先代ニャンコの女の子、

おばあちゃんが遊んであげようとするとプイッとそっぽを向いたり、

おててをバシッとはたいたり・・・

 

「この子はおばあちゃんがネズミ年やからと思って、

イジメよるねん。十二支に入られへんかったから、

怒ってんねんな。」と。

そう言いながら、ニコニコしていたおばあちゃんの笑顔を

この時期になると思い出します。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。