しゅふ探

主婦の見たい!知りたい!定番から流行りの話題までいろいろ共有したいことを綴っています!!

春の七草、そして私の誕生日☆

       f:id:syufutantei:20180119203243j:plain

 

こんにちは!マウです。

 

今日は七草の日。

皆さんは七草がゆ、召し上がりましたか?

 

春の七草 ● 芹(せり)

     ● 薺(なずな)

     ● 御形(ごぎょう)→ 

       母子草(ははこぐさ)のこと。

     ● 繁縷(はこべら)→ 

       はこべ・こはこべ とも呼ばれています。

     ● 仏の座(ほとけのざ)→ 

       子鬼田平子(こおにたびらこ)のこと。

     ● 菘(すずな)→ 蕪(かぶ)のこと。

     ● 蘿蔔(すずしろ)→ 大根のこと。

 

春の七草の日、朝食に七種の植物を細かく刻んでお粥にして

食べる『七草がゆ』。

そもそも何故、こんな風習が始まったのでしょう?

 

この風習が始まったのは古代中国だと言われています。

前漢の時代(紀元前206~208年)、新年の1/1~1/8までを

1日 ⇒ 鶏

2日 ⇒ 犬

3日 ⇒ 猪

4日 ⇒ 羊

5日 ⇒ 牛

6日 ⇒ 馬 

7日 ⇒ 人

8日 ⇒ 穀

と、それぞれを占い、そのものを大切にしていました。

 

そして、7日は人の日。人を大切にする

「人日(じんじつ)の節句」という五節句

節供のひとつです。

 

五節句・五節供というのは、1年に5回ある

季節の折り目(節日)のことで、

正月7日 ⇒ 人日(じんじつ)

3月3日 ⇒ 上巳(じょうし)

5月5日 ⇒ 端午(たんご)

7月7日 ⇒ 七夕(しちせき)

9月9日 ⇒ 重陽(ちょうよう)

と、なっています。

 

唐の時代(618~907年)には1月7日の

「人日(じんじつ)の節句」に

七種菜羮(ななしゅさいのかん)といって

七種の野菜を入れた汁物を

食べて、無病息災を祈る風習が始まりました。

 

この風習が奈良時代の日本に伝わり、雪の間から芽を出す

お正月に若菜を摘んで食べる「若菜摘み」というものが

ありました。

 

時が流れ、平安時代。さらに中国の風習や行事がたくさん

日本にも伝わってきます。

その時、「若菜摘み」と「七種菜羮(ななしゅさいのかん)」の

風習が交わって、『七草がゆ』が食べられるようになったと

言われています。

 

そして、江戸時代になると幕府が「人日(じんじつ)の節句

として五節句のひとつとして定め、この正式な制定によって

「1月7日に七草がゆを食べる」という風習が

人々に定着したと言われています。

 

お正月にはご馳走を食べたり、飲んだりの日々が続きますよね。

そんな疲れた胃腸をやさしい七草がゆで休ませるという

意味もあるようですね。

 

 

そんな日に私は自分の誕生日というのを理由に七草がゆも食べず、

奈良県興福寺東大寺にお参りに行き、帰りに焼肉を食べる

という本能のままの行動に出てしまいましたとさ。(;'∀')

 

興福寺 ↓

f:id:syufutantei:20180318154701j:plain

f:id:syufutantei:20180318154729j:plain

五重塔 ↓

f:id:syufutantei:20180318154825j:plain

 

東大寺 ↓

f:id:syufutantei:20180318154857j:plain

大仏さま ↓

f:id:syufutantei:20180318154938j:plain

 

鹿ちゃん ↓

f:id:syufutantei:20180318155005j:plain

 

焼肉パーティー ↓

f:id:syufutantei:20180318155042j:plain

f:id:syufutantei:20180318155117j:plain

f:id:syufutantei:20180318155149j:plain

 

バースデーデザートまでちゃっかり ↓

f:id:syufutantei:20180318155221j:plain

f:id:syufutantei:20180318155244j:plain

 

いやぁ~~、胃腸を休めるどころか、、、

タップリいただいてしまいました(;^_^A

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。