しゅふ探

主婦の見たい!知りたい!定番から流行りの話題までいろいろ共有したいことを綴っています!!

肌の悩み&トラブルを解決する:目の下のクマ編

       f:id:syufutantei:20180119201709j:plain

 

こんにちは、マウです。

 

年末年始の夜ふかしや仕事始めにより睡眠不足に

なってらっしゃる方へ。

 

お正月休みからの社会復帰、

しんどいですよね。

そして、フッと鏡を見ると、、、目の下にはクマが!

 

目元をどんよりくすませるクマ、、、誰もが抱える悩み

ですが、その原因は寝不足だけではありません。

クマには大きく分けて3つのタイプがあります。

 

まずは自分がどのクマのタイプなのかを見分けて、正しい

お手入れ法を!

明るく澄んだ、若々しい目元を取り戻しましょう。

 

目元の特徴として

1. 皮膚が薄い

2. よく動く(肌への負担大)

3. 乾燥しやすい

4. シワになりやすい

 

そもそも、クマはなぜ起こる?

原因を見ていきましょう。

 

クマは3タイプある

 

 皮膚が薄くて乾燥しやすい目元には、さまざまな

 トラブルが現れます。

 

 中でも全世代にわたって

 起こるのが、目の下のクマ。

 

 目元がくすんでいたり、

 色の変化で気づくことが多いと思いますが、実は

 クマには3つのタイプがあるんです。

 

 その1つが “ 青グマ ” と呼ばれる血行不良によるクマ。

 これは睡眠不足や冷えなどで血流が低下し、皮膚から

 静脈血が透けて、目の下が青っぽく見えることで

 起こります。

 

 2つめが摩擦や紫外線のダメージが引き金となって起こる、

 色素沈着によるクマ。皮膚の色がくすんで茶色く見える

 ため、“ 茶グマ ” と呼ばれています。

 

 そして、3つめが “ 黒グマ ” 。このクマは乾燥や加齢に

 よる*1) 真皮成分の衰えが原因で目の下がたるんで凸凹ができ、

 その影が黒く見えることで起こります。

 

 *1) 真皮 → 肌は上から表皮・真皮・皮下組織の3層から

         できていて、真皮は中間部分で皮膚の厚さの

          大部分(約90%)を占める。肌の弾力やハリに

          大きく関わっている部分。

 

同時に2つのクマが起こることもあります

 

 3つのタイプ別にそれぞれ適切なお手入れを続けていけば、

 クマは徐々に改善されていきます。でも、ダメージを

 受けやすいデリケートな目元には、同時に2つのクマが

 起こる場合もあります。まずは、自分のクマのタイプを

 見分けて確認してみてください。

 

 【クマの見分け方】

    ◎ 目尻を横に引っ張ってみる

        ↓

      色が薄くなったら・・・青グマ

 

       変わらないなら・・・ 茶グマ

 

    ◎ 手鏡を持って、上を向いてみる

        ↓

      色が薄くなったら・・・ 黒グマ

 

自分がどのタイプのクマか、判明しましたか?

では、それぞれの対策法を見ていきましょう!

 

正しい “ 青グマ ” のお手入れ

〈滞った血流を促して明るい目元を目指しましょう〉

 

 

    寝不足が続いたり、パソコン・スマホの使い過ぎで目を

    酷使している人に起こりやすいのが、血行不良による

    青グマ。

 

    血行が悪くなると、本来排出されるべき老廃物が

    溜まり、排出されず滞った血管が見えて目の下が青っぽく

    なってしまうんです。

 

    これを改善するには、血流をスムーズにして老廃物の

    排出を促すのが効果的。目の周りをマッサージすると

    一時的ですが即、目元が明るくなります。

 

    毎日のお手入れに取り入れて、継続的に行い血流を促すと

    改善が期待できます。

 

お手入れのポイント

  ◆ 血行をよくするマッサージを!

 

    青グマを改善するには、朝晩のお手入れにマッサージを

    取り入れて。スキンケアの最後に、目の下の骨の上あたりと

    眉下を気持ちいい程度に押すだけで滞った血流が促され、

    目元がパッと明るくなります。

 

    カフェインなどが配合されたアイクリームを使うと、血管が

    拡張され老廃物の排出を促進してくれます。また、目の疲れを

    癒してくれるホットタオルでの温冷ケアもおススメ。

 

    これらのお手入れを毎日続けることで、青グマは少しずつ

    改善していきます。

 

お手入れの注意点

 

    ツボ押しマッサージで血行を促すことがポイントですが、

    目の周りはデリケートなので決して、力を入れ過ぎない

    ように。力任せのマッサージは禁物ですよ。

 

    薬指の腹を使って、目の上下をポンポンと優しく押さえる

    ような感覚で垂直に圧を加えてください。気持ちいいと

    感じる箇所を押さえていくだけで、血行が促進し

    目の疲れもやわらぎます。

 

 

正しい “ 茶グマ ” のお手入れ

〈色素沈着の茶グマには美白ケアが有効です〉

 

 

    摩擦やかぶれ、紫外線のダメージによって起こる茶グマは

    慢性的な色素沈着が原因。

 

    メイクを落とすときに強くこすってしまったり、紫外線を

    たくさん浴びると、肌を守ろうと*2)メラニンが大量に生成され、

    それが排出されずに目元をくすませてしまうんです。

 

    *2)メラニン → 肌や髪の色を作っている色素のこと。

 

    茶グマのお手入れは炎症を抑え、メラニンの排出を促す

    美白ケアが有効です。目元専用の美白アイテムをプラス

    して、頑固な色素沈着を改善していきましょう。

 

お手入れのポイント

  ◆ 美白効果のあるアイクリームを!

 

    慢性的な色素沈着による茶グマには、美白ケアが最適。

 

    シミのケアと同様に、メラニンの還元・排出を促し、

    炎症を抑える美白成分配合のアイクリームをお手入れに

    組み込みましょう。

 

    茶グマは目の下だけでなく、まぶた全体に現れるので

    アイクリームは目の周り全体になじませること。

 

    特に目をこすりやすい花粉症の人や、アイメイクをしっかり

    している人は目元全体がくすみやすいので、美白効果のある

    アイクリームでしっかりケアを。

 

お手入れの注意点

 

    茶グマは摩擦によって起こることが多いので、とにかく

    目の周りをこすらないこと。アイメイクをしっかりしている

    人は、*3)メイクアップリムーバーを使ってメイクを優しく

    落としましょう。

 

    *3)メイクアップリムーバー → 顔全体のクレンジングでは

                    落とし切れない、落ちにくい

                    アイメイクやポイントメイクを

                    優しくしっかり落とすメイク

                    落としのこと。

 

    また、紫外線から肌を守ることも大切です。目元にも

    忘れずにUVケアを。

 

 

正しい “ 黒グマ ” のお手入れ

ハリ・弾力を与えるケアで目元の影を払拭〉

 

 

    乾燥や加齢によって真皮成分が衰えると、ハリや弾力が

    低下します。皮膚の薄い目元は特にこの影響を受けやすい

    ため、目の下がたるんで凹凸ができ、その影が黒いクマと

    なって見えるんです。

 

    黒グマ対策としては保湿ケアで乾燥を防ぎ、ハリと弾力を

    高める*4)エイジングケアが有効です。

 

    *4)エイジングケア → エイジング(加齢)をケア(お手入れ)

                すること。

 

    これ以上、目元をたるませないよう真皮のコラーゲンを強化

    するビタミンCや*5)レチノール入りのアイクリームで、予防と

    改善を心がけましょう。

 

     *5)レチノール → ビタミンAの異称。ビタミンA活性を示す

                化合物のひとつです。

 

お手入れのポイント

  ◆ ハリを出すアイクリームを!

 

    黒グマは加齢によってハリや弾力が失われ、皮膚がたるむ

    ことで起こる老化現象のひとつです。(イやな言葉ですね)

    年齢を重ねれば誰にでも現れるので、早めのケアが大切です。

 

    それにはコラーゲンの生成を促し、肌にハリをもたらす

    ビタミンCやレチノール入りのアイクリームがおススメです。

    ただし、レチノールは刺激が強いため、目の下だけに塗るように

    してくださいね。

 

    黒グマ対策は先手必勝!目の下のたるみを感じたら、すぐに

    お手入れを始めてください。

 

お手入れの注意点

 

    たるみの目立つ肌は真皮の*6)コラーゲン線維がもろく、壊れ

    やすくなっています。そこに強い力が加わると正常なコラー

    ゲンが生成されなくなり、ますますたるみが進んでしまいます。

 

    *6)コラーゲン線維 → 真皮内にある表皮を支えている

                 繊維状のコラーゲンのこと。

 

    アイクリームをなじませるときは力を入れ過ぎないよう、

    優しく肌を動かさないように塗ることを心がけてください。

 

 

目元にクマがあると、疲れた元気のない印象になってしまいますよね。

2018年☆明るく澄んだキレイな目元でいきましょう!!

 

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク