しゅふ探

主婦の見たい!知りたい!定番から流行りの話題までいろいろ共有したいことを綴っています!!

愛猫とのコミュニケーション

       f:id:syufutantei:20180227165256j:plain

 

こんにちは、マウです。

 

皆さんはワン・ニャン・そのほかのカワイイ我が子たちとの

コミュニケーション、上手くいってますか?

 

以前にも記事にさせていただいたように、我が家にはエキゾチック

ショートヘアの男の子がいます。とっても甘えん坊で猫っぽくない

というか、常に家族の誰かとくっ付いていたいタイプで、“ ツンデレ

ではなく “ デレデレ ”なんです (#^.^#) 

 

www.syufutantei.com

 

 我が子たちが毎日元気に楽しく、お家の人と触れ合って幸せに過ごして

くれることがいちばんの願いですよね。

 

そこで今回はニャンコちゃんを家族にもつ方へ『もっと仲良くなれる

コミュニケーションの取り方』・『気持ちを表情や行動から読み取る

テクニック』などをご紹介したいと思います。

 

1回目の今日は『もっと仲良くなれるコミュニケーションの取り方

(嫌われないようにするニャンコちゃんへの接し方)』です。

 

 

ニャンコちゃんへの接し方 

 

優しく穏やかに

f:id:syufutantei:20180305171626j:plain

 ニャンコの性格はほとんどの子が用心深くて、臆病です。

人に馴れているニャンコもいますが、基本的には安全が

確認できるまで知らない人にはあまり近づかないのもです。

 

そんなニャンコが苦手なのは、声が大きい・扱いがガサツ・

いちいちしつこく構ってくるタイプです。そういう人は警戒心を

抱かれることが多いようですね。

 

そんなタイプの人に反して、穏やかな態度で自分からは構わない・

もの静かで扱いが丁寧な人というのがニャンコには好まれる

ようです。

 

 

無理やり抱っこしない

f:id:syufutantei:20180305171706j:plain

ニャンコと家族になったら、どーしてもカワイイがゆえに

抱っこしたくなりますよね。でも、馴れないうちは無理に抱っこ

すると、ニャンコのストレスの原因になってしまいます。

 

警戒心が強い動物なので、もし何かあったときすぐに逃げられない

状況になるのを嫌うため、抱っこという自由が利かない状態では

ストレスになるんです。

 

ニャンコが自分から来たときだけ、抱っこしてあげましょう。

抱っこをするときは、両腕と体でニャンコの後ろ半身を包む

ように、安定した形でしてあげてください。

 

抱っこ中にニャンコがもぞもぞしだしたり、左右にシッポを振り

だしたら、「はい、もういい。下ろして。」のサインですので、

すぐに放してあげましょう。

 

 

首根っこをつかまないで

f:id:syufutantei:20180305171756j:plain

“ 母ニャンコが子ニャンコの首の後ろをくわえて運ぶ ” という

のは、皆さんもよくご存知だと思いますが、ニャンコには首筋を

押さえられると大人しくなる性質があります。 

 

その習性を利用して野良ニャンコを保護したり、暴れるニャンコの

ケアをすることもありますが、首の後ろは動物たちにとっては

すごくデリケートな部分。

 

体の大きな大人ニャンコを首だけつかんで持ち上げたりなんかする

と、その体重で首が圧迫されて苦しくなってしまったり、神経を痛めて

しまうこともあります。マッサージしてあげるとき・緊急時以外は首の

後ろをつかまないようにしてあげましょう。

 

 

男の子・女の子の性格を把握しよう

f:id:syufutantei:20180305172055j:plain

男の子と女の子の性格には結構違いがあると言われています。

男の子は好奇心旺盛で行動的。甘えん坊になる傾向がありますが、

去勢していない場合は頑固で独立心が強くなるようです。

 

余談:我が息子はまさに男の子のなかの男の子という性格で、

   好奇心旺盛の甘えん坊赤ちゃんです。

   (6月のお誕生日で6歳の十分大人の男性ですがww)

 

女の子の方はしっかりとした性格ですが、ちょっぴり気分屋で

ワガママなところがあります。一般的なニャンコのイメージは

女の子の性格が多いようですね。

 

ちなみに遺伝子の関係で、三毛猫はほとんどが女の子で、男の子は

稀少だと言われています。 茶トラに関しては逆に男の子が多く、

女の子が少ないんです。

 

 

指を近づけてみよう

f:id:syufutantei:20180305172136j:plain

初対面のニャンコに接するとき、オススメなのはゆっくりと

ニャンコのお鼻に指を近づけてみることです。ニャンコは視力が弱い

代わりに、すごく嗅覚が発達していて何でもニオイで判断します。

 

ニャンコ同士でも敵意のない場合、まずはお互いのお鼻を近づけて、

ニオイを確認して挨拶をする習性があります。そのため、お鼻に似た

突起物の指が近づいてくると、とりあえずニオイを嗅いで敵意があるか

どうかを見極めるんです。

 

ニャンコの機嫌が悪くなければ、クンクンと指のニオイを嗅いで挨拶して

くれます。家族になって信頼関係が十分に築ければ、お鼻とお鼻でも

クンクンと挨拶、鼻チューをしてくれるようになりますよ。

 

 

肉球は優しく触ってね

f:id:syufutantei:20180305172216j:plain

プクプクと柔らかく、カワイらしい肉球肉球フェチの方も多いと

思いますが(私も例外ではなくwww)、ニャンコにとってはとっても

大切なところ。

 

着地の際に衝撃を和らげるクッションの役割を果たしたり、傾斜の

きつい所では滑り止めに使ったり、足音を消してこっそり歩く時にも

役立っています。また、臭腺があるので縄張りにマーキングするときにも

使われているんです。

 

人の足の裏のようにツボがあって、マッサージすると気持ちよさそうに

するニャンコもいますが、デリケートな部分なので優しく触って

あげるようにしましょう。

 

 

目は合わせないで

f:id:syufutantei:20180305172307j:plain

まだ馴れていないニャンコに対して、目を合わせて瞬きもせず

ジーーーッと見るようにするのはやめましょう。

 

私たちの世界でも目を合わせることを「眼(ガン)をつける」とか、

私の地元では「メンチを斬る」なんて言いますが、それと同じように

ニャンコの世界でも目を合わせるのは “ ケンカする ” ことを意味して

いるんです。

 

初対面のニャンコに会ったときは、敵意がないことを示す意味で

ゆっくりと、両目をパチパチしてみましょう。そうすることで、

ニャンコの警戒心が和らいで仲良くなれるかもしれませんよ。

 

家族ニャンコだったり、親しい間柄のニャンコの場合は「目を見つめる」

ことで“ 親愛の証 ” を表します。

 

 

叱らないで

f:id:syufutantei:20180305172342j:plain

家の柱や家具でツメ研ぎをしたり、トイレ以外の所で粗相をしたり、

イタズラをしてしまったとき、ついついニャンコを叱ってしまうと

いう方、多いかもしれません。

 

ところが残念ながら、基本ニャンコには全く効果はありません。

まして、大声を出したり、叩いたりするのは絶対の絶対NG!

 

「なぜ怒られているのか?」がよく理解できないニャンコにとって、

大きい音や声・暴力のインパクトは大変強く、トラウマになりやすくて

ただ単に『大きな声や音を出して、痛い思いをさせたイヤなやつ』という

印象が残り、嫌われるだけです。

 

ニャンコを叱るより “ 壊されて困るものは置かない ” ・ “ 柱や家具を

ツメ研ぎ防止シートを貼る ” など、人間側が問題行動の原因を事前に

解決しておくことが重要ですよ。

 

 

どうでしょう?ニャンコってとってもデリケートで傷つきやすく、

トラウマにもなりやすい動物です。一度、その人のことが「怖い」

「嫌い」ってなると、なかなか関係を修復することが難しく、仲良く

したくても「イヤッ!」って逃げられてしまう可能性が高いので、

ニャンコ好きの方はご注意を!!

 

次回は『気持ちを表情や行動から読み取るテクニック(ニャンコのサイン・

行動の秘密)』をお届けします。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。 

 

 

スポンサーリンク