しゅふ探

主婦の見たい!知りたい!定番から流行りの話題までいろいろ共有したいことを綴っています!!

愛猫とのコミュニケーション2

       f:id:syufutantei:20180307150707j:plain

 

こんにちは!マウです。

 

前回に引き続き、かわいいニャンコとのコミュニケーション術をお届けします。

 

www.syufutantei.com

 

 

今回は『ねこちゃんの気持ちを表情や行動から読み取るテクニック

(ねこちゃんのサイン)』です。

 

ねこちゃんのサイン

 

「ニャー」の意味は?

f:id:syufutantei:20180307155841j:plain

ねこちゃんの代表的な鳴き声の「ニャー」、実は用途によってちゃんと

使い分けてると言われています。

 

例えば、人を見つめながらの「ニャー」は・・・

「何かしてほしい」というお願いの「ニャー」。フードの器やフードが

入っているラックの前で鳴いたら「おなか空いたニャー」・おもちゃの前で

鳴いたら「遊んでほしいニャー」の意味になるんです。

 

ほかにも「ニャ」と短く鳴くのは・・・

「やぁ!」とフランクな挨拶だったり、人から話しかけられたときの返事

の意味があるんです。

 

ねこちゃんが鳴いたら、何をしてほしいのか考えてあげましょう。

 

 

「ナ~ォ」は発情中

f:id:syufutantei:20180307161347j:plain

ねこちゃんが「ナ~ォ」と鳴きだしたら、それは発情期が来たことを

表します。主に2月から4月ごろになると、よく聞かれる鳴き声です。

 

この「ナ~ォ」はねこちゃんたちが異性に自分の存在をアピールするため、

独特の声で大きく鳴くんです。女の子が男の子を呼ぶために鳴きはじめて、

男の子がそれに応えるという感じですね。

 

春はねこちゃんたちにとって “ 恋の季節 ” ♪ 

あたたかい目で見守ってあげてくださいね。

 

 

「シャーッ」は威嚇

f:id:syufutantei:20180307163152j:plain

ねこちゃんは基本、単独行動を好みます。自分のテリトリーをとても

大事にし、誰かが侵入してくると不快に感じて威嚇することも少なく

ありません。

 

全身の毛、主に背中の毛を逆立てて、瞳孔が開き、牙を剥きながら

「シャーッ」という荒々しい鳴き声を発します。これは本気の怒りで

「こっちに来るな!」とアピールしているので、無理に近づこうものなら

強烈な “ 猫パンチ ” をお見舞いされる場合があるので、気をつけてくださいね。

 

もし、お宅のねこちゃんに 「シャーッ」と言われたら、一旦距離をおいて

イライラが落ち着くまでそっとしておいてあげましょう。

 

 

鳴かないねこちゃんもいる

f:id:syufutantei:20180307190556j:plain

皆さんのなかには《ねこちゃん=ニャーと鳴く》というイメージが

あると思いますが、ラグドールペルシャといった猫種はあまり

鳴きません。そのほかの種類の子でも、大人になると鳴かなくなることが

多い場合があります。

 

ねこちゃんがいちばん鳴くのは子ねこちゃんの時期なんです、それと

いうのも子供のころはたくさんいろいろな要求をしないと生きていけ

ないから。大人ねこちゃんになると、“ もう自立しているので鳴かなくなる ”

というわけです。

 

もし、お宅のねこちゃんが “ 大人になってもよく鳴く ” という場合は、

もしかしたら?!精神的にまだ幼いのかもしれませんね。

 

 

しっぽをピーンと立てる

 

f:id:syufutantei:20180307193018j:plain

ねこちゃんのしっぽは気持ちのバロメーター。表情や鳴き声と同じくらい

ねこちゃんの感情が表れます。例えば、ピーンと垂直に立てるときは、

親しい相手に構ってほしいという気持ちの表れ。

 

激しく振っているときは、フラストレーションが溜まっている状態、

ゆーっくり振っているときは、何かに興味を持っていることを

表しています。

 

また、急にしっぽの毛を逆立てて、ものすごく太くなったように見える

場合があります。これは私たち人間が “ 鳥肌を立てる ” のと同じような

もの、無意識に筋肉が収縮したことで起きる反応です。落ち着くと元に

戻るので、ご安心を。

 

 

喉をゴロゴロと鳴らす

f:id:syufutantei:20180307195029j:plain

喉をゴロゴロと鳴らす音は、ねこ好きさんにとって嬉しい癒しの音じゃ

ないですか?そう感じてるのは私だけ?

ねこちゃんだけでなく、ネコ科の動物ならトラ・ライオン・チーター・

ヒョウなど、ほとんど鳴らすことができると言われています。

 

あのゴロゴロ音、どこから出ているのかは諸説あり、「声帯に

喉頭室皺襞という仮声帯があって、そこが毎秒30回以上震動することで

ゴロゴロ音が出る」という説が有力ですが、実際には詳しいことは

分かっていません。(うーん、やっぱニャンコって神秘的♪)

 

ただ、ゴロゴロ鳴らすのはリラックスしているときや何かをしてほしい

ときが多いんです。

その反面、ねこちゃんによってはケガをしたり、具合が悪い・怯えたり

したときに鳴らす子もいるようです。

 

 

ご機嫌なとき

f:id:syufutantei:20180307202003j:plain

ご機嫌なときは、耳は力が抜けて正面からやや外向き、瞳孔が中くらいの

大きさで、おヒゲは自然に垂れた状態になっています。

 

瞳孔が中くらいのときに目を細めている場合には、かなりの上機嫌で

周囲を警戒することもなく、超リラックスした状態のときに見せるお顔と

言われています。

 

お子ニャンがそんなお顔をしていたら、目を合わせてみてください。

もし、目をそらさずに少しだけ瞳孔が動いたら、信頼と愛情を抱いて

いる証拠です。(嬉しいですよね♪)

 

 

不機嫌なとき

f:id:syufutantei:20180307203347j:plain

ねこちゃんは嫌なものを目にしたり、不機嫌なときは瞳孔が細く

なります。耳は倒れ、目は見開いたまま、口元をグッと引き締めた表情で

にらみつけます。

 

そして、この警戒態勢からさらに興奮すると、耳と

おヒゲがピンッと張られて、瞳孔は大きくなり、牙を剥いて戦闘モードに

突入です。「フー」と、毛を逆立てながら威嚇します。

 

こういう状態になってしまっては、いくらなだめようとしたところで

無駄です。絶対に手を出さないでくださいね。かなりの高確率で攻撃

されてしまうので、落ち着くまで待ちましょう。

 

 

「カカカ(ケケケ)と鳴く

f:id:syufutantei:20180307205327j:plain

部屋からお外を眺めているねこちゃんが、急に「カカカ」「ケケケ」

「キャキャキャ」と、奇妙な鳴き方をしたところ聞いたことありますか?

 

喉の奥から絞り出すようなかすれ声で、普段の可愛らしい鳴き声と比べると

異様に感じてしまいますが、これは “ クラッキング ” と呼ばれるものです。

 

ねこちゃんは狩りをする本能があるため、狩りをしたことがない子でも

鳥や虫などの獲物を見つけたときは、捕まえたいという衝動が湧いてきます。

なのに、室内にいて手が出せないジレンマから「カカカ」「ケケケ」

「キャキャキャ」と、鳴いてしまうんです。

 

 

ため息をつく

f:id:syufutantei:20180309152657j:plain

私たちと同じように、ねこちゃんもため息をつくことがあります。

人がため息をつくときのように「何か悩みごとや心配ごとがあるの?」

なんて聞いてみたくなりますが、、、ご安心を!ねこちゃんが悩むことは

ありません。

 

遊びに夢中になったり、周囲を警戒したあとなど、緊張が解けたと

同時に溜めていた息を鼻から出しただけなんです。

 

ツメ切りや耳そうじ・シャワーなど、カラダのケアをしたあとに

ため息をつく場合は、ケアのあいだ相当ガンバって我慢をしていたと

いうことなので、「よくガンバったね、お利口さん。」と、優しく

労いの言葉をかけてあげてくださいね。

 

 

あくびをする

f:id:syufutantei:20180309154325j:plain

ねこちゃんは眠いとき以外にも、あくびをすることがあります。

それは緊張状態を解こうとするときです。

 

眠っていたときに無理やり起こされたり、お外にいる鳥や虫・ほかの

小動物を見つけてはヤキモキしたり、夢中になって遊んだあとなど、

興奮状態からクールダウンするためにあくびをすると言われています。

 

そして、毛づくろいや伸びなどの行動をとって心を落ち着かせることも

あって、なんとも自制心のある賢いねこちゃんたちなのです。

 

 

お口をポッカーン、変顔をする

f:id:syufutantei:20180309161116j:plain

突然、ニオイを嗅いでビックリしたように目を丸々と開いて、お口を

ポカーンと半開きにしているねこちゃん、見たことありませんか?

 

カーペットのニオイを嗅いではポカーン・人が脱いだクツ下を嗅いでは

ポカーン・自分の大事なところ(笑)を嗅いではポカーン・・・

我が息子もよくやっていますwww

 

これは『フレーメン反応』という現象です。ねこちゃんがフェロモンの

ニオイを感じ取るのはお口とお鼻の間あたりにある “ ヤコブソン器官 ” 

というところですが、そこが刺激されるとあの独特なんとも言えない

可愛い変顔をしてしまう、「ニオイ分析中!」というわけ。

 

 

いかがですか?

 

ねこちゃんって日々さまざまなサインを出して、暮らしているんですね。

私たちが想像している以上に賢くて、いろんなことを考えて過ごしてるん

やろーなー。。。って思うと、ますます可愛くて愛おしくなります。

 

次回も引き続き、『ねこちゃんの気持ちを表情や行動から読み取るテクニック

(ねこちゃんの行動の秘密)』をお伝えしたいと思います。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。 

 

 

スポンサーリンク