しゅふ探

主婦の見たい!知りたい!定番から流行りの話題までいろいろ共有したいことを綴っています!!

【誰もが懐かしく愛してやまない】コッペパン!

       f:id:syufutantei:20180603175718j:plain

 

こんにちは、マウです。

 

少し前から “ コッペパン ” って流行ってますよね。

 

老若男女、ほんと年齢・性別関係なく大人気です。私も例外なく、はい!大好きです。

 

そもそもコッペパンって、皆さん子供時代に給食で食べたのが始まりって方、多いと

思います。元々は地味な存在のコッペパン。でも、その素朴さがイイんですよね。

 

今日はそんなコッペパンの魅力をいろいろお伝えしたいと思います。 

 

コッペパンとは 

 

 [Wikipediaより]                                                                                                               コッペパンとは、紡錘形で片手で持てる大きさの底の平たいパンである。形状はフラ   ンスの「coupé(e)(クッペ)」パンや、アメリカ合衆国などで見られるホットドッグ バ ンズ(英:hot dog bun)と似ているが、アメリカでパンの製法を学んだ田辺玄平によって考案され、日本独自の発展をしたパンである。
 
諸説ありますが、太平洋戦争中に主食の配給として考案されたのがコッペパン
その後、学校給食が普及するとともに主食の主役に抜擢されることが多くなりました。
 
コッペパンのコッペの語源はフランス語の「coupé(e)(クッペ)」→「切った」「切られた」からきていると言われています。パンを焼き上げる前、パン生地に切り込みを
入れる・具材をサンドするために真ん中に切れ目を入れるなどの意味があるようです。
 
コッペパンは他のパンほど砂糖を加えていません。パン生地を焼き上げる際、表面に
バターも塗らないのでバターロールのようなツヤもありません。そのため、甘さ控え
めでシンプルな味わいから、いろんな食材をはさんでも美味しくバリエーションも
豊かなんでしょうね。
 
 
 

コッペパンの美味しいお店

福田パン 

関連ランキング:パン | 上盛岡駅盛岡駅

 

岩手県盛岡市長田町に本店がある、創業70年にもなる昔ながらのパン屋さん。

県内に4店舗、『県外不出』の福田パンですが東京・大阪にも姉妹店ともいえる、

福田パンの志を受け継ぐお店 ” があります。

 

盛岡市民のソウルフード、おじいちゃん・おばあちゃんから子ども、学生、サラリー

マン、老若男女から人気があり、1948年の創業当時より熱い支持を受け、さまざまな

企業からも注目され続けています。

 

福田パンのメニューラインナップ
甘い系からおかずパンまで合わせると、約60種類もあります。 

【¥139(税込価格)メニュー】   

 ● ピーナツ             

 ● ピーナツバター          

 ● ジャム              

 ● ジャムバター           

 ● ミルク              

 ● ブルーベリー           

 ● まろやかチョコ          

 ● バナナ              

 ● コーヒー             

 ● バター              

 ● クリーム             

 ● すりおろしりんご

 ● ヨーグルト

 

【¥159(税込価格)メニュー】

 ● アンバター

 ● チーズサンド

 ● 抹茶アン

 ● 粒アン

 ● ももジャム

 ● ママレード

 ● マイルドコーヒー

 ● 粒いちごジャム

 ● ずんだあん

 ● かぼちゃ

 ● 夏みかん・マンゴージャム

 

【¥163(税込価格)メニュー】   

 ● ホイップクリーム         

 ● イチゴミルククリーム       

 ● メロンクリーム          

 ● シュガーマーガリン        

                    

【¥169(税込価格)メニュー】

 ● 粒入りピーナツ

 ● 粒入りごまクリーム

 ● 黒豆きなこクリーム

 ● クッキー&バニラ

 ● クッキー&ストロベリー

 ● クッキー&コーヒー

 ● ザ・ピーナッ2 

 ● ブルーベリージャム

 ● スイートポテト

 

【¥226(税込価格)メニュー】              

 ● タマゴ

 ● ポテト

 

【¥256(税込価格)メニュー】

   ● コンビーフ

   ● チキンミート

   ● スパゲティー 

   ● カレー 

   ● れんこんしめじ

   ● ごぼうサラダ 

   ● メンチカツ

   ● 焼きそば

   ● キーマカレー

 

【¥276(税込価格)メニュー】       

 ● とんかつ                

 ● ハンバーグ                 

 ● 照り焼きチキン                                    

 ● 白身魚フライ

 ● ツナ

                        

【¥286(税込価格)メニュー】   

 ● オリジナル野菜サンド 

 

【¥359(税込価格)メニュー】

 ● えびかつ      

 

【トッピング(税込価格)】

 ● ¥46 ハム

 ● ¥86 タマゴ

 ● ¥86 ポテト

 ● ¥107 コンビーフ

 ● ¥107 チキンミート

 ● ¥107 スパゲティー

 ● ¥107 カレー

 ● ¥107 れんこんしめじ

 ● ¥107 ごぼうサラダ

 ● ¥107 メンチカツ

 ● ¥107 焼きそば

 ● ¥107 キーマカレー

 ● ¥134 とんかつ 

 ● ¥134 ハンバー

 ● ¥134 照り焼きチキン

 ● ¥134 ツナ

 

バリエーション豊かなコッペパンたち。注文が入ってから目の前でパンをカットして、

お好みの具材を挟んでくれます。

 

 

          f:id:syufutantei:20180611194922j:plain

人気ランキング:ベスト5

f:id:syufutantei:20180610190800j:plain アンバター  

その名の通り、あんことバターという間違いない魅惑の組み合わせ。

この素晴らしい組み合わせはお客さんがそれぞれ “ あんこ ” と “ バター ”

サンドを1つずつ注文したところ、間違えて同じコッペパンにあんこと

バターを一緒に塗ってしまい、食べたところ美味しかったという、偶然から

生まれたメニューとのことです。

 

f:id:syufutantei:20180610191932j:plain ピーナツバター 

ピーナツの豊かな風味がコッペパンにベストマッチ。

コッペパンサンドといえばピーナツバター!というくらい定番のメニューが

子どもからお年寄りにまで人気です。

 

f:id:syufutantei:20180610192656j:plain ジャムバター 

こちらもおなじみの懐かしさをおぼえる組み合わせですね。

ジャムの甘酸っぱさとバターのコクがクセになる美味しさ。

 

f:id:syufutantei:20180610193127j:plain オリジナル野菜サンド 

おかず系の中で人気ナンバーワン。

キャベツが端から端までタップリ挟んであって、シャキシャキの食感。

トマトとピーマン入り・オリジナルのさっぱりドレッシングが後をひく、

リピート率の高いサンドです。

 

f:id:syufutantei:20180610194420j:plain れんこんしめじサンド 

こちらも福田パンオリジナル。パンに挟む具材では、ほかで見ない組み合わせ

ですよね。「パンにれんこんとしめじって合うん!?」って思ってしまいますが、

れんこんの歯ごたえとしめじの風味が美味しい一品です。

 

福田パンに魅せられたお店たち

福田パン盛岡市に行かないと食べれませんが、その味に魅了され、福田パンの社長に

パン作りを教わり、のれん分けしてもらったコッペパンサンドのお店が東京の亀有と

大阪の高槻市にあります。

 

東京・亀有

吉田パン 

https://www.yoshidapan.jp/index.html 

 

 

大阪・高槻

ゆうきパン 

https://yuukipan.ciao.jp/ 

 ↑

何故か、ゆうきパンさんのウェブサイトにアクセスできないので、

大まかな情報だけ載せておきます。

ご予約・お問い合わせ、来店する際にお役立てください。

TEL:072-668-2027

住所:大阪府高槻市高槻町18-9

アクセス:JR高槻駅南口出口から徒歩5分

     阪急高槻市駅④番出口(北側)から徒歩3分

定休日:不定

営業時間:AM7:30~売り切れ次第閉店(日曜日営業)

駐車場:無し(近隣コインパーキング)

テイクアウトのみ 

 

 

          f:id:syufutantei:20180611195510j:plain

 

吉田パンの創業者は元々、広告業を営んでいました。ある時、福田パンの美味しさに

衝撃を受け、福田社長に直談判してパン作りを教えてもらい、福田社長の「県外不出、

福田パンはここだけ!福田パンとしてではなく、吉田さんのパンとしてやるならOK」

ということで『吉田パン』として2013年にオープン。

 

その『吉田パン』を食べて感銘を受けたのが、大阪・高槻『ゆうきパン』の澤和ご

夫妻。『吉田パン』の根元が盛岡の『福田パン』だと知ったご夫妻が福田社長の元を

訪れ、パン作りの指導を受けて2015年に『ゆうきパン』をオープンしました。

 

福田社長の志はしっかり東京と大阪へ受け継がれていますね。“ のれん分け ” とか

“ 姉妹店 ” などと言われますが、福田社長いわく「あくまでも吉田パンは吉田パン、

ゆうきパンはゆうきパン。」だそうです。

 

福田社長の信念に脱帽です!これからも美味しいコッペパンを作り続けてください!!

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク